キッチン情報館 イメージ画像

・選び方のポイント

・吸水性がよいこと
 ・乾燥しやすいこと
 ・丈夫で洗濯に耐えること
 ・汚れが目立ちやすいこと(白系がベスト)
 ・ケバ立ちにくいこと

調理用のふきんは、野菜用、お肉用、魚用、豆腐用などとできればこまかく使い分けたいものです。

・塩素漂白剤を使用し、こまめに除菌をする

見た目がさほど汚れていなくても、こまめな除菌を忘れずに。台所用塩素漂白剤のうすめ液に約2分(色柄物は酸素系漂白剤のうすめ液に約30分)つけておくだけで除菌できます。

漂白剤を使用することに抵抗がある場合には、鍋で煮沸消毒する方法も効果的です。他にも、3時間程度、天日干しするだけでも除菌効果があります。

4.シンクはスポンジに洗剤をつけて洗う

シンクは水アカのつきやすい場所。ぬれたままにすると輝きが失われカビも発生します。

食器を洗った後には、流し用のスポンジに洗剤をつけてシンクを洗い、水で流してから、乾いた布でふき、アルコール除菌スプレーをかければ、雑菌の繁殖を抑えて、清潔に保つことができます。

水あかも同様にクリームクレンザーを使用して落とすのが最良の方法です。

それでも水あかが落ちない場合には、クリームクレンザーに酢かレモンの汁を加えて磨きます。酸性のものには、水あかの成分を溶かしやすくする効果があります。

5.三角コーナーのヌメりや水垢もしっかり洗い流す

台所のシンクにある三角コーナーは便利な反面、非常に汚れやすい物でもあります。ドロッとした水垢のような物が底についたりしてスポンジなどではなかなかキレイになりません。

触りたくないようなヌメリがついているときは、ヌメリ取り剤や台所用漂白剤をスプレーし、数分間放置してから洗い流します。

・ステンレスたわしや酢水の使用も効果的

実は三角コーナーはスポンジではきれいになりませんが、「ステンレスたわし」でごしごしこするとものすごくきれいになります。

ひどい汚れや黒カビが発生している三角コーナーには、重曹粉をふりかけた上に、酢を水で薄めたビネガー水(酢水)をかけます。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ