キッチン情報館 イメージ画像

キッチン

各コンビニが本格的にドーナツ販売に乗り出している

コーヒーと合わせて楽しんでほしいと、今コンビニ各社では店舗内で販売するドーナツに力を入れている。

『ローソン』
最大のウリは店舗のフライヤーで調理する「ハワイアンドーナツ」(マラサダ)

こちらは『セブンイレブン』
ドーナツはレジカウンターで、「セブンカフェ」と並べて販売している。

広報センターの山根さんは「ドーナツと一緒に、一杯ずつ挽きたて、淹れたてのセブンカフェをどうぞ」と、合わせての利用を勧める。

コンビニは単身者の使用も多いので、気軽に1個買いできるのも魅力ですね

@rising2015 最近、コンビニでドーナツ売り始めましたね。セブンのは美味しかったです。今度ローソンも食べてみます。ヾ(●´゚ω゚`)ノ

最近、コンビニドーナツとコーヒーで至福の時間を過ごすのが好き (^ω^)

コンビニと言えば外食市場を侵食し専業企業を脅かす存在

代表的なのは「フライドチキン」

ファミリーマートは「ファミマプレミアムチキン」(190円)
ローソンは「黄金チキン」(185円)
セブンイレブンは「揚げ鶏」(170円)

それぞれ売れ筋商品になっている。

ケンタッキーフライドチキンの日本KFCホールディングス(HD)近藤正樹社長は「チキン、コーヒー…。コンビニは何でも投入してくる。店舗数も多く、脅威だ」と、いらだちを見せた。

同社は2014年9月中間決算で、最終損益が7300万円の赤字(前年同期は1億円の黒字)に転落した。

コンビニとの競合が収益を悪化させたとみられる。

缶コーヒーもその1つ。
コンビニコーヒーの登場で、市場を5%ほど食われたとみられている。

コンビニのドーナツはミスドつぶしでしょう?100円コーヒーはマクドナルドつぶしでしょう?野菜とか肉の販売はスーパー潰しでしょう?もしかして・・・チキンたちは・・・ケンタッキー潰しだったのかしら…アイスは31潰し?・・・・ひぇぇぇーwww

そんなコンビニのドーナツ展開にミスタードーナツは寛容的

出典i.gzn.jp

ショーケースに並べたドーナツをセルフで選ぶのがミスタードーナツの販売スタイル

「ほぼ自分たちだけで開拓してきた市場の拡大効果が見込まれる」と歓迎の立場だ。

限られたパイを奪い合うというより、コンビニが新たな間食需要を開拓することでドーナツ市場が拡大すると考えている。

相乗効果を狙っているということですね。

店舗を改装してコンビニに差をつける狙いもある

平成27年度からの3年間で、現在約1300ある店舗のうち約600店で改装に踏みきる。

キッチンをガラス張りにした、ミスタードーナツのイオンモール茨木ショップ

改装の狙いは、店内調理による「手作り、揚げたて」という付加価値を強調し、工場で製造して店舗に配送しているコンビニとの「できたて感」の違いを強調することだ。

調理しているところが見れるようになるんですね。

お手本はスターバックス

コンビニ旋風の悪影響を受けていないのが、コーヒー専門店のスターバックスコーヒージャパン。

14年9月中間期は、売上高が前年同期比9.9%増の700億円、営業利益が20.3%増の88億円といずれも過去最高を更新した。

トールサイズが399円と高めだが、「コンビニのコーヒーでファンの裾野が広がり、本格的なコーヒーを飲みたいと思うようになった消費者がスタバに流れた」

店舗ごとに違う外観や、スタイルが魅力的なスターバックス

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ